0.main.dekakintuba

でか金つば

でっかくズッシリと仕上げた逸品

 いつ?

  
1914年(大正3年)に現社長の祖父のあたる先々代の龍郎が10歳に「甘露堂」という菓子屋に丁稚奉公に入り、菓子の世界に足を踏み入れました。奉公が明けて、「甘玉堂」の屋号をいただき、朝生菓子類を自転車の荷台に乗せながら、各地域の小さな雑貨屋さんに卸して歩きました。
その後、先代の一郎から現社長へと引き継がれ、バイパス沿いに新店舗を構えるにあたって、祖父が趣味の川柳で用いていた雅号「安珍洞」が 地域内で親しまれていたことから新しく「あんちん堂」の屋号で開店、現在に至ります。

でか金つば  歴史
 

 どこで?

 
山形県白鷹町に店舗があります。白鷹町は豊かな自然に恵まれた町です。山形市まで30km、最上川沿いには豊かな田園地帯が広がり、米作を中心にりんごやトマト、酪農による生乳生産が行われています。
 
でか金つば 山形県白鷹町
  

 誰が?

 
創業当時の製法を頑なに守り、砂糖と塩だけで味を調え、手作業でひとつひとつ丁寧に六面を焼き上げました。「でか金つば」は、幸多い「金」の字にあやかりでっかくズッシリと仕上げております。
 
でか金つば 生産者
 

 何を?

 
あんちん堂の「でか金つば」は厳選した北海道十勝産小豆を直火でじっくりと炊き上げ、小豆本来の風味を損なうことなく仕上げた自慢の逸品です。でか金の愛称で皆様に「福」をお届けできれば幸甚でございます。
お蔭様で東京・銀座の 山形県のアンテナショップでは8年間 連続100ヶ月 BEST10入りの人気商品であります。  
 
でか金つば
    

 購入した人の感想

 
ボリューム満点
なかなかなボリュームでアンコ好きにはおすすめです。


やみつき
とてもの大きくてやみつきになる美味しさです。


粒あん
粒あん好きにはたまらないです。


美味しい
食べ応えもあり、甘さ加減もちょうどよいです。


 

 ご購入はこちらから

でか金つば

 販売元

 
【会社名】有限会社あんちん堂
【所在地】山形県西置賜郡白鷹町十王2464-2
【設 立】1914年
【W e b 】
公式サイト


 この商品を見た方がよく見る商品