0.main.ago

あご野焼き

独自の味付けで一本一本手造りで焼きあげてます、酒の肴にも好評

 いつ?

 
あご野焼き 歴史
 
享保12年(1727年)に創業、昭和16年頃に太平洋戦争で魚が統制となったのをきっかけに、かまぼこ部門を独立させ、昭和23年4月に青山蒲鉾店から法人化、有限会社青山商店を設立しました。平成5年に「地伝酒あごのやき」の商標を登録、平成8年に全国蒲鉾協同組合から「あご野焼きマイスター」認証、農林水産大臣賞受賞を受賞、平成23年度「本場の本物」の認定を取得し、現在にいたります。
 

 どこで?

 
島根県松江市に本店があり、松江市内に2店舗、東京、神奈川に店舗を出店しております。また、年末に限り成城石井でも取り扱っております。
 
あご野焼き 島根県松江市

 誰が?

 
島根県沖で水揚げされる飛魚のみを練り合わせ、材料の旨み成分を引き出すために地伝酒、塩、甜菜糖で味を調え、卵白、澱粉質を微量にとどめて炭火で焼きあげています。化学調味料や保存料は一切使用せず、食した触感はソフトで飛魚本来の旨みを感じることができます。
 
あご野焼き 生産者
 
あご野焼きはこうしてできています。
【1】一匹一匹丁寧に頭をおとします。
【2】魚の身を竹に巻き付けます。これぞ職人技!
【3】炭火を使って焼き上げます。
【4】できあがり
  

 何を?

 
5月から7月に島根県沖で獲れるアゴ(トビウオ)のみをすり身にして、取り焼酎(乙類)で魚の臭みを消し、無添加で一本一本丁寧に炭火焼きしております。焼酎の香りがほのかに香り、上品な味わいです。
 
あご野焼き
 

 こだわりは?

 
県内唯一の炭火焼き
原材料は日本海、特に島根県沖を中心に水揚げされる新鮮な魚を使用し、添加物を使用せず素材を活かした蒲鉾造りを心がけております。ごく当たり前の手仕事で、お客様に安心安全をお届けいたしております。炭は島根県産のものを使用しています。
 
地伝酒
地伝酒とは、もち米で仕込み完全発酵させ、木炭を加えてから絞ったものです。清酒より色が濃く甘味があり、あたかも薄いみりんといった感じの料理酒ですが、みりんと違って純然たる発酵酒です。当店では、故・清水寛先生(当時 高知大学農学部教授)の来店(1981年)を機に、先生の助言の元に独自研究を行い、1994年、堀江修二先生、地元商工会他の協力を得て地伝酒を復活さ せました。現在では米田酒造で製造されていますが、それを蒲鉾に合うように調整して、旨味を引き出し、飛魚の生すり身に練り合わせて、添加物を一切使用し ないあご野焼きを製造しております。地伝酒と化学調味料を混合使用すると地伝酒の旨み成分効果はありません。当店では江戸古来より昭和16年まで秘伝の料理酒として残していたこともあり、清水寛先生の助言により1982年研究開始と同時進行で商標登録申請を提出し、現在「地伝酒あご野焼き」として登録商標済みです。
 
本場の本物認定
「本場の本物」は財団法人食品産業センターによって認定される、その土地で伝統的に培われた「本場」の製法を用いて、地域特有のこだわりの原料で本物の味をつくり つづける加工食品の保護、育成を目的とした制度です。当店の「地伝酒あご野焼き」は「松江の炭火あご野焼き」として本場の本物の認定を取得しました。
 
あご野焼き こだわりは
 

 メディア実績

 
あご野焼き メディア実績
 

 ご購入はこちらから

 

 

 手作り体験

 
青山蒲鉾ではあご野焼炭火焼き体験をすることができます。お気軽にお問い合わせください。
 
あご野焼き 工場見学
 
【体験内容】あご野焼き炭火焼き体験(すり身を棒に巻きつけて焼く)
【時   間】9:00~11:00
【所要時間】30分
【体験料金】1,500円(1本)
【体験期間】通年(特に6月~7月が旬)
【予約有無】要予約(前日までに)
【人   数】1人~(団体は30人まで)
 

 販売元

 
【会社名】有限会社 青山商店
【所在地】〒690-0874 島根県松江市中原町88
【創 業】享保12年(1727年)
【W e b 】公式サイト

 おすすめ商品

 この商品を見た方がよく見る商品