0.main.coedo

コエドビール

埼玉県川越市のコエドブルワリーが手がける海外でも高い評価の『COEDOビール』

 いつ?

 
コエドビール 歴史
 
COEDOの母体である協同商事は、1970年代から「安心で安全で美味しい」を紺宣布とに有機農業に取組み、農の地、川越とともに歩んできました。1980年代後半、土壌を健全に保つための緑肥として栽培されていた麦。これを使ってビールをつくってみてはどうか?これがビール造りの着眼の原点でした。試行錯誤の末、1996年に川越の大地で育まれたさつま芋のビールを醸造することに成功しました。COEDOのものづくりは日本の農業を起源としています。
 
コエドビール 歴史2
 
日本のビールメーカーとして
現在では、世界のコンテストでも高い評価を頂けるようにまでなりました。職人たちの勤勉で真髄な立ち振る舞い、日本的な繊細な感性は、世界のビールファンにも受け入れられています。ビールの分野において日本人にできることを確信し、ジャパニーズクラフトビールとしていCOEDOを世界の人々にお届けします。
 

 どこで?

 
埼玉県川越市に本社があり、関東地方を中心に日本全国に取り扱い店舗があります。
 
コエドビール 埼玉県川越市

 誰が?

 
ビールと、職人と
江戸の台所として栄えた埼玉川越、通称「小江戸」。COEDOは厳選した素材を用い、日本の水と職人の手によって、世界最高水準のビールを醸しています。「ビールはすばらしい」COEDOの先人たちの気づきと知恵に最大限の敬意を払いながら日本人としてビールを世界に発信していきます。
 
クリスチャン・ミッターバウアーの教え
本物の職人のビール造りを学ぶため、1997年にドイツから代々ブラウマイスターを家業とする4代目クリスチャン・ミッターバウアー氏を招き、COEDOの職人たちは、彼の下で5年間本場のビール造りを学び、正統な職人気質を、技術的にも精神的にも継承したCOEDOの職人たちです。最高の原料を追い求め世界中から「独自に選定調達した原料」、ドイツのエンジニアリングにより建設された伝統と現代の技術の両方が取り入れられた「職人仕込みに適した設備」、これらがひとつになって、コエドビールが生み出されています。
 
コエドビール 生産者
    

 何を?

  
COEDOは日本の色名を冠する5つのビールを作っています。
 
コエドビール
 
【伽羅】
赤身がかった深い黄褐色、伽羅(きゃら)色のビール。白葡萄やスパイシーな柑橘を感じさせるアロマホップが香り、鮮やかで綺麗な苦味とともに口の中に広がります。6種の麦芽の配合とやや高めのアルコール分が、味の膨らみと丸みあるミディアムボディを織り成しています。低温発酵ラガー酵母による、飲み応えがありながらもきれていく心地よい後味です。
 
【瑠璃】
クリアな黄金色と白く柔らかな泡のコントラスト、さわやかな飲み口が特徴のプレミアムピルスナービール。軽やかな口当たりながらも、深みある味わいとホップの香味苦味のバランスをとった上質の大人の楽しみ。飽きがこず、どんなお疲れ様です。食事にも合うビールです。
 
【白】
無濾過ビールならではの明るくなめらかな白濁色が特徴の小麦のビール。小麦麦芽とそのために特別に選んだ酵母が醸し出す甘い香りは果実を思わせ、さわやかながらもコクが感じられる滑らかな舌触りと喉越しをお楽しみいただけます。
 
【漆黒】
艶やかな黒色と細やかな泡のコントラストが冴える長期熟成ビール。アロマホップは心地よい香りをあたえ、2種類のブラックモルトの他、6種の麦芽の配合が、重たすぎないまろやかさと軽やかさのバランスを生み出しました。
 
【紅赤】
赤みがかった琥珀色をした長期熟成プレミアムラガー。上質な麦芽と薩摩芋から生まれた類まれな仕上がりです。本品はろ過をせず瓶詰めをしています。
   

 こだわりは?

 
プレミアムクラフトビールへ
2006年、COEDOは観光土産の「地ビール」としてではなく、「クラフトビール」という新たな概念を日本の皆さんにご提案しはじめました。ビールのすばらしさと、COEDOの想いを「Beer Beautiful」という言葉に込めて、ビールの「伝道士」として、皆さんへビールとともにある人生の楽しみをお伝えしています。
 
コエドビール こだわりは
 
【1】素材を観る -選定-
ビールの仕込みは素材を「観る」ことから始まります。「見る」だけではなく、嗅ぎ、触って味をたしかめる。すべての感覚で観るということです。
 
【2】育て上げる -糖化-
麦芽を糖化させる工程は、麦汁を「育てる」感覚に近いです。高温の部屋でゆっくりと丹念に育て上げた麦汁が、自然な甘みをつくり出します。
 
【3】清める仕事 -洗浄-
実は、ビール造りの仕事の半分以上は洗浄作業。職人により清められた空間で、ビールは静かに息づいているのです。
 
【4】酵母とともに -発酵-
職人の仕事は、酵母が働きやすい環境をつくるということ。厳しい温度管理のもと、細心の注意で醸成されています。
 
【5】職人の礼儀 -確認-
タンクからほとばしるビールの出来を確認します。最初の一口は先人たちに敬意を表して、地面に撒くのが職人の礼儀です。

 購入した人の感想

 
いいですよ👍
父の日用のプレゼンとに購入しました本当に❗いい商品だと思います箱にしっかりコンポウしてありいい商品だと思います皆さんにもオススメ商品です。 (Amazon)


サイズがいいです。
あまりビールは好きではないのですがちょっと小粋にビールを飲みたい時にはおしゃれなビール。でも、お味も美味しかったし大満足です。ちょっと高いですけどたまにはいいかも。(Amazon)


主人のお正月用に購入しました
主人のお正月用にちょっといつもと違う面白ビールを・・とおもいさがしていたところこの飲み比べセットという楽しそうなビールをみつけ主人がこれがいいというので購入しました。どの種類も飲み難いくせもなく一本一本味わい楽しみながら飲めたそうです。 (Amazon)


旨いです
地ビールを飲み較べているところです。前回は6本セットでしたが、他の地ビールより少し安いこともあり、今回12本セットにしました。まだ飲みきっていませんが、美味しくいただいています。(Amazon)


やっぱりコエド
ビール好きな友人へのちょっとしたお礼に購入。自分も飲みたくなりました~。(楽天)


お中元で利用しました
お酒好きな親へ、お中元として利用しました。 非常に喜ばれました。(楽天)


お礼
自分たちの結婚式二次会を仕切ってくれた夫のお友達に、お礼として贈りました。地方の友人で、自分たちは東京在住なので、ちょうどいいかなーと思いました。(楽天)


リピートです
とてもフルーティーな甘口ビールで美味しいです。またリピートします^^(楽天)
 

 ご購入はこちらから

 販売元

 
【会社名】株式会社協同商事 コエドブルワリー
【所在地】埼玉県川越市中台南 2-20-1
【設 立】1982年
【W e b 】公式サイト

 おすすめ商品

 この商品を見た方がよく見る商品