0.main.zabieru

ざびえる

バター風味豊かな洋風の皮と、精選された純和風の白餡とラム酒に漬けたレーズンが絶妙

 いつ?

 
ざびえる歴史
 
天文20年(1551年)豊後の国を訪れたフランシスコ・ザビエルは、大友宗麟の庇護を受け、神の教えを広めると共に、小学校や大病院を次々に建て、府内 の街(現在の大分市)に、南蛮文化の花を咲かせました。その功績を讃えて、和洋折衷の菓子・南蛮菓「ざびえる」が誕生しました。50年以上愛され続ける大分の代表銘菓になりました。

 どこで?

 
大分県大分市に本社があり、日本全国にざびえるを販売しているお店があります。
 
ざびえる 大分県大分市

 誰が?

 
2004年7月、新本社工場への移転を機に、お客様にこれまで以上に安心して召し上がっていただけるお菓子をお届けするために製品の品質管理法 としてHACCP方式に準拠した工程管理のもとお菓子の製造を行なっております。更に、2011年7月に本社工場を拡張し新たに全長6メートルの「ざびえ る」専用トンメル釜を導入し、表面はさくさく、中はしっとりした理想の食感に仕上がりを目指しています。
 
ざびえる生産者
    

 何を?

 
バターミルク風味のビスケット生地と和風の上質な白あんが上品にマッチした南蛮菓子です。外箱はビロード風の植毛箱を使用していますので、異国情緒が漂っています。贈り物にも最適な一品です。
 
ざびえる

 ファンにより復活

 
一度は販売中止、ざびえるファンの人々が復活を望む
昭和32年に長久堂より誕生した『ざびえる』は、西洋の香りと日本のお菓子の技術を融合させた銘菓として高い人気を得ましたが、平成12年に長久堂がなくなったことにより、『ざびえる』も製造中止となりました。 『ざびえる』が店頭から消えた時、大分県民をはじめ、大分にゆかりのある『ざびえる』ファンの人々が復活を強く望みました。その時立ち上がったのは、『ざびえる』ブランドの価値を知り尽くしていた《長久堂》の元従業員の皆さんでした。 銘菓『ざびえる』復活へ向けて、私財を投じ尽力したのです。 そのかいあって2001年(平成13年)、「ざびえる本舗」が設立され、『ざびえる』は見事に復活しました。
 
ざびえる復活
 

 購入した人の感想

 
美味しかっです
大分に住んでいた事があったので懐かしくて頼んでみました!やっぱり美味しかったです。(楽天)


美味しかったです!
以前 大分に住んでいたので、お土産はいつもザビエルでした。とても懐かしかったと同時に美味しかったです。お土産として会社に持っていったのですが、とても評判が良かったです。(楽天)


美味しい。
大分県に姉が居るのですが遊びに行くと必ずお土産にと手渡されるのがこのサビエルです。本当に美味しくて病み付きになります。今回は友達にプレゼントをしたくて頼んでしまいました。素敵な箱が捨てられなくて…(楽天)


癖になる食感
各地に類似したお土産菓子はありますが、陣太鼓は味や食感はもちろん個性があっていいですね。九州を代表をする銘菓だと思います。県外の方へのお土産に最適かな送って恥ずかしくないお菓子だと思います(楽天)


ありがとうございました
前にお土産で、一度食べた事あって、今回、買ってみました。この味が気に入った息子は、また買ってといってます。また利用したいと思います。(楽天)


ギフトに最適かも。
一度食べてみたくて家用に購入しましたが、とても美味しかったです。素敵で重厚な感じのパッケージなので、ギフト用にもとても喜ばれそうです。(楽天)
 

 ご購入はこちらから
 販売元

 
【会社名】株式会社 ざびえる本舗
【所在地】〒870-0319 大分県大分市大分流通業務団地1丁目3-11
【設 立】2001年1月18日
【W e b 】公式サイト

 おすすめ商品

 この商品を見た方がよく見る商品