0.main.unagi

うなぎパイ

フレッシュバターと厳選された原料にうなぎエキス、ガーリックなどの調味料をブレンドした銘菓

 いつ?

 
昭和24年12月に設立、昭和三十六年にうなぎパイを発売、以来ひとつひとつ丁寧に作り上げています。
 
うなぎパイ 歴史1
 
うなぎパイ誕生には、旅先の会話がヒントになりました
代目社長・山崎幸一は旅先の方に「どこからきたか?」と聞かれた幸一社長は「浜松」と応えましたが、相手にはどこか伝わらず「浜名湖の近くです」と補足すると、相手が「あ、うなぎの美味しいところですよね」と返されたそうです。旅先から戻ると早速「うなぎがテーマの浜松らしいお菓子をつくろう」と職人たちと試作開始。職人たちが思い思いのものを作る中で、当時まだ珍しかったパルミエというフランス菓子のパイを基本に試作を行った職人がいました。それが「うなぎパイ」試作の第一号、その後、さまざまな試行錯誤を重ねる中で現在の「うなぎパイ」の形状ができあがりました。また、実際の蒲焼きさながらにタレを塗るという工夫も施されました。お菓子ではまず使用することのないガーリックが入ったこのタレは社内においても秘伝として、いまもなお、一部の職人のみに伝えられています。さまざまなアイデアを盛り込んで「うなぎパイ」が完成しました。
    

 どこで?

 
静岡県浜松市に本社、工場があります。静岡県内に数店舗を出店しています。
 
うなぎパイ 静岡県浜松市

 誰が?

 
職人の手作りから生まれる味わい
昭和36年の誕生時から今に至るまでずっと、職人による手作りを継承してきました。数千層もの繊細なパイ生地は職人が長年培った経験と勘によるたまものです。日々変化していく温度や湿度に合わせて材料の混ぜ方や折り方を調整するには10年の鍛錬が必要とされています。そんな繊細なうなぎパイですが、原材料は至ってシンプル。ゆえにその一つひとつには厳選した素材だけを使用しています。
製造工程だけでなく包装・運搬まで配慮し、より安全で安心なお菓子を提供することを全社員で心がけています。工場では徹底した安全管理のもと、焼きあがったうなぎパイを包装・箱詰めし、作りたての鮮度の良い商品をお客様のもとへ届けられるよう、日々努力を重ねています。
 
うなぎパイ 生産者
  

 何を?

 
浜名湖と遠州灘の豊かな水と自然が育んだ浜松の銘菓「うなぎパイ」は、春華堂だけの逸品です。厳選された素材と伝統の技術でひとつひとつ丹念に作られた優雅な味わいの春華堂のお菓子。バターはうなぎパイの香りや口当たりを大きく左右するために特に厳選したものを仕入れています。砂糖はお菓子に合わせ特別精製した粒子の大きいグラニュー糖。小麦粉は厳しく品質チェックを行ったもの。これらを混ぜ合わせた生地に、うなぎのエキスを加えて焼き上げ、最後に秘伝のタレを塗って完成、誕生当時の思いもそのままにずっと変わらない、しかしいつも新しい感動をお届けしています。
 
うなぎパイ
 
栄養価の高いお菓子としての一面
うなぎパイ6本分に含まれるビタミンAは、蒲焼100gに含まれるそれに相当し、元気回復、夏バテ対策、視力保持などの効果が期待できると言われ、栄養価の高いお菓子としての一面ももっています。これは医学の道を志したこともある幸一社長が「お菓子はおいしいだけでなく、いろいろな付加価値が必要」と考え、当時まだ食も豊でなかった時代を反映させて意図的に「うなぎパイ」にその思いを託したものです。
 

 うなぎパイの小話

 
うなぎパイ こだわり
 
【1】うなぎパイの夜のお菓子ってどういう意味なの?
夜のお菓子とは家族団らんのひとときに召し上がってもらいたいという意味です。命名者は当社二代目社長の山崎幸一です。うなぎパイが誕生した昭和36年は高度経済成長の真っ只中。その成長期において女性も社会に働きに出るようになり、子供たちも学校・塾など・・・皆が家にいる時間が少なくなりはじめていたようです。そんな中、夜の夕食だけは家族の集まる団らんのひとときとして大切にされていた時間でした。そんなひとときに「うなぎパイ」を囲んで楽しいひとときをすごしてもらいたいと命名されたのが「夜のお菓子」です。ただ、実際には違う解釈もして買っていく方も多いようです。

【2】そもそも「うなぎ」のお菓子をつくったのはなぜ?
浜松らしいお菓子をつくりたかったからです。当社は創業明治二十年の老舗菓子店でその創業の歴史の中には「甘納豆」「知也保(ちゃぼ)」などの銘菓がありました。しかし、二代目社長の幸一はそれを超える新しい浜松ならではのお菓子をつくりたいと日々思案していたようです。浜松はまだ知名度がなく、浜名湖の方が有名。そしてこの辺りといったら「うなぎ」しかない。とひらめき思い立ったようです。旅先から帰った幸一社長は当時の職人を集め「うなぎ」をテーマにした創作菓子をつくるように指示をしたそうです。そのなかで当時まだ珍しかった洋風煎餅・・・いわゆるパイ菓子が得意なものがおり、そこから誕生したのが「うなぎパイ」です。

【3】うなぎパイの隠し味って?
実は少量のガーリックがはいってるんです。ガーリックですが、試作段階の「うなぎパイ」において今ひとつおいしさに深みがないと職人たちが悩んでいたそうです。そこに幸一社長が当時ブームだった「餃子」をヒントにガーリックを少し使ってみたらどうか?と提案し、生臭さを消すための工夫をし使用したところ、あのうなぎパイの深みのある癖になるおいしさになったそうです。

【4】あのロゴマークの配色って何をイメージしているの?
昭和36年の発売当初は「青色」のパッケージでした。しかし、お客様の反応はあまり芳しくなく・・・パッケージの改良を検討しました。そのとき「夜の菓子」のコピーを勘違いしてお買い求めなる方が多かったため、いっそのことならと・・・当時の「マムシドリンク」のカラー配色を参考にパッケージをしたとこ ろ、コレが大当たり!爆発的売上のきっかけとなりました。

【5】うなぎパイって最初からあの形なの?
いえ、あの形になるまではたくさんの試作品がありました。当初は形状でもよりリアルな「うなぎ」を表現しようと試作を繰り返しました。例えば、「蒲焼」をイメージしていくつか重ねて串に刺してみたら、串が抜けなくて食べることができなかったり・・・。「うなぎ」をイメージして先の方をひねってみたら・・・美味しく焼けなかった り・・・ 。と、どれも上手になりませんでした。そして最終的にご存知のいまの「うなぎパイ」の形状に落ち着いたのです。
 

 購入した人の感想

 
ちょっと高級なうなぎパイ
贈り物に購入しました。普通のうなぎパイも美味しいですがこちらの商品は味も大人向けな感じでたいそう喜ばれましたので良かったです。(Amazon)


大変美味しいうなぎパイ
友達から頂き大変美味しく頂いて居ります。この度小さいパイと大きいパイを購入致しました、有難う御座います。又の機会にも宜しくお願い致します。(楽天)


美味しかった
甘さもほどよくパリパリで美味しかったです。(楽天)
 

 ご購入はこちらから

 

 工場見学

 
職人とのふれあいをテーマとし、おいしさの秘密や安全で安心な商品をお届けするための製造工程を公開しています。併設されたカフェサロンではいつも焼きたて、作りたての和菓子や洋菓子をご用意しています。 うなぎパイファクトリーだけのオリジナルのメニューも味わって頂けます。
 
うなぎパイ 工場見学

 販売元

 
【会社名】有限会社 春華堂
【所在地】〒432-8047 静岡県浜松市中区神田町553
【設 立】昭和24年12月
【W e b 】公式サイト

 おすすめ商品

 この商品を見た方がよく見る商品