0.main.northman

ノースマン

北海道を代表する銘菓

 いつ?

  
大正10年に創業、創業者の岡部式二は、和菓子を作る際、絵を書くところから始め、その工程は今も脈々と職人に受け継がれています。四代目の初の女性社長として、母として主婦として安心安全なお菓子、大きさや量、食べやすさ、パッケージなど女性ならではの目線でお喜びいただけるお菓子作りが大きなコンセプトと考えます。昔からの技術や味を大切に守りながら女性ならではの気配りと優しさの詰まった心にも体にも優しい商品の開発を進める事、そして、伝統の上に新たなブランドの構築に向け一歩一歩努めて参ります。

ノースマン 歴史
   

 どこで?

 
北海道札幌市に本店、本社工場があり、本社工場で焼き上がる「ノースマン」を焼立てでお召し上がりいただけます。バターが香るサクサク生地の食感がたまらないアツアツのノースマンは格別です。本店で初めて登場した「ノースマン粒あん」は、かつて小豆の皮の渋みが残りすぎると断念した商品。何度もパイ生地によく合うように試行錯誤をしてようやく誕生しました。ぜひ本店で極上の粒あんをお召し上がりください。
 
ノースマン 北海道千歳市
  

 誰が?

 
全食品業界で製造工程の機械化が進んでいる中、千秋庵は本来のおいしさを大きく損なうまで、無理な機械化は行ないません。お菓子の生地が製造機械の堅い金属部品に強い力で揉まれるほど味や食感が落ちてゆくものが多いのは事実です。和菓子・洋菓子全般にわたり、本物のおいしさ・本来のおいしさを守る為にも手づくりの工程を大幅に残しています。創業以来一日一日を積み重ね、伝統の味を守り、高品質な原料に拘り、作り続けてきた職人のたゆまない研鑽、皆様に美味しいお菓子をお届けします。
 
ノースマン 生産者
 

 何を?

 
道産の小豆あんをパイで包み、甘さをおさえしっとりした口あたりに仕上げました。ステンドグラスをイメージしたパターンはしばれた窓の内側、一息つきたいとき暖かな空間のほっこりした時間のお供にノースマンがいます。和色のグラデーションは、和と洋が織りなすノースマンの雰囲気と、春に向かい溶けゆく雪のようすを表しています。グルメの大地、北海道を代表する銘菓です。
 
ノースマン

 こだわりは?

 
良質な水
千秋庵の菓子作りには、地下90mより汲み上げた札幌扇状地の伏流水を使用しています。素材の味を引き立てる水も原材料の一部と考えております。

菓子作りにはこれでいいということがない
創業者、岡部式二のことばです。お客様がお褒めくださったならば「ますますお喜びいただけるお菓子を」と考えます。お菓子づくりの道は奥深く限りないものであるがゆえに、鍛えぬいた技と旺盛なる開拓精神で、一歩一歩進んでまいります。
 
ノースマン こだわり
 

 購入した人の感想

 
北海道と言えばこれ
北海道銘菓の中でもトップクラス!(アマゾン)


リピーター
昔からの変わらぬ美味しさで、ほっとしました。(アマゾン)


上品な甘さ
上品な甘さと、アンバランスのパイ生地がとてもおいしく、久々の満足感でした。(アマゾン)


あんこたっぷり
餡子もしっかり入っていて外のパイ生地も美味しかったです。(アマゾン)


我が家のNo1
噛んだ時の程よいやわらかさ、餡の甘さも丁度良くて、大変バランスの良いです。(楽天)


温めがおすすめ
オーブントースターで2分ほど温めるとますます美味しいです。(楽天)


甘さがちょうどよい
餡がしっとりして小豆が感じられ美味しく、パイ生地も薄く層が重なり軽いです。(楽天)


お盆のお供
お盆のお供えに購入、みんなで美味しくいただきます。(楽天)


 

 ご購入はこちらから
アマゾン ノースマン 楽天 ノースマン

 

 販売元

 
【会社名】千秋庵製菓株式会社
【所在地】北海道札幌市中央区南3条西3丁目13番地2
【創 業】大正10年9月5日(1921年創業)
【W e b 】公式サイト


 この商品を見た方がよく見る商品