0.main.kintonmanjyu

きんとんまんじゅう

ふんわりしっとり皮に包まれた極上質の饅頭

 いつ?

  
1897年に宇都宮にて創業、お菓子を通して、団らんや安らぎのひと時を感じていただけたら。1921年に「きんとんまんじゅう」を考案、発売をはじめました。 朝日屋本店は、明治の創業以来、団らんのひと時のおともにできるような菓子作りをめざしています。

きんとんまんじゅう まえだ 歴史
   

 どこで?

 
栃木県高根沢町に本社があります。直営店は栃木県に2店舗、取扱店舗は栃木県に12店舗、東京に3店舗、大阪に1店舗、岩手に1店舗あります。
 
きんとんまんじゅう 栃木県高根沢町
  

 誰が?

 
お菓子が運んでくるものが、団らんや、やすらぎのひと時であったら、どんなに素晴らしい事でしょう。包装紙をあけたときに、感じる思いがあります。子供の頃の郷愁だったり、生まれ育った栃木の風景、転勤で過ごした思い出。東北に新幹線が開通するよりも前から、宇都宮や小山の駅では「きんとんまんじゅう」がお土産でした。そして今でも一箱、一箱に「栃木の思い」を託して出荷されていきます。健康へのこだわりを持っています。ソルビン酸(保存料)は使用しません。素朴な配合に中で、素材を取り合わせ、おいしく健康的な製品作りに、あれこれ知恵をしぼっております。
 
きんとんまんじゅう 生産者
 

 何を?

 
手作業にて選別した、極上質の白いんげん豆を原料に使った、「豆きんとんあん」の、まんじゅうです。独自のあんの風味と、生地は大正の発売以来、変わらぬご愛顧いいただいております。朝日屋本店の定番の人気商品や四季折々のお菓子。家庭用はもちろん、ご贈答用にもご利用ください。
 
きんとんまんじゅう まえだ
 

 こだわりは?

 
一個食べると「もう一個」とくせになる。きんとんまんじゅうは、白インゲン豆をつぶしあんにした百年近くたっても珍しい一品。 いんげん豆は、豆類の中でもカルシウムと食物繊維を多く含むことで知られています。豆の皮もあんこになっているので食物繊維も豊富。砂糖は砂糖大根からとれるてん菜糖(ビート)のみを使っています。大正時代の発売以来、とにかくビート一本です。
  
きんとんまんじゅう こだわり
    

 購入した人の感想

 
必ず購入
帰省すると必ず買ってきます!旨い50年食べてるが、変わらない味です。(楽天)


お土産
お土産で渡すと大変喜ばれましたお饅頭です。(楽天)


美味しい
ほどよい甘さの上品なきんとんまんじゅう大変美味しく頂きました。(楽天)


年齢問わない美味しさ
小さなお子様からご年配の方まで幅広く喜ばれました。(楽天)


名産品
あっさりしていておいしい。餃子やイチゴだけでない栃木の名産品。(楽天)


 

 ご購入はこちらから

 

 販売元

 
【会社名】有限会社 朝日屋本店
【所在地】栃木県塩谷郡高根沢町大字宝積寺2368-6
【創 業】明治30年
【W e b 】公式サイト


 この商品を見た方がよく見る商品