0.main.bibar

ビーバー

懐かしいお味は食べだすと止まりません

 いつ?

  
1918年に設立、石川県産のもち米を原料にあられの生産をはじめたことから歴史がはじまりました。安全・安心を最優先し、世代を超えて愛されるお菓子作りを目指します。時代や流行と少し離れるかもしれない。だけど、素朴だからこそ子どもからお年寄りまで、みんなが一緒に安心して食べられるおいしいお菓子づくりを目指したい。2018年で100歳になったホッカが今まで、そしてこれからもこだわり続けるテーマです。美味しいお菓子を適正な価値で市場に提供し、一人でも多くのお客様に笑顔を届けます。

hokka ビーバー 歴史
 

 どこで?

 
石川県金沢市に本社・本店があり、東京に支店、北海道・仙台・名古屋・大阪・福岡に営業所があります。見上げれば霊峰白山。見下ろせば勇壮な日本海。美しい川や緑にも恵まれた石川県はお菓子づくりにこだわる上で絶好のステージです。水と光と緑に恵まれた地で1世紀以上前からお菓子をつくっています。
 
hokka ビーバー 石川県金沢市
  

 誰が?

 
1970年の発売以来、北陸で長く愛されつづけている加賀生まれ北陸育ちの揚げあられ。 北陸産のもち米で作った生地に日高昆布をねりこみ、風味豊かに焼き上げました。当時からのレシピと製法を忠実に引き継ぎ「日高昆布」を「北陸産もち米」に練り込み「鳴門の焼塩」を効かせた伝統の味は、サクサクの食感と昆布の旨味がきいてとまらないっ!
 
hokka ビーバー 生産者
 

 何を?

 
ビーバー
サクサクの食感に昆布のうまみが効いてます。1970年に開催された大阪万博カナダ館のビーバー人形の歯と2本並べたことが商品名の由来。

白えびビーバー
1970年から引き継がれてきた秘伝のレシピと製法を用いたサクサクの食感に、白えびの甘みがプラスされた絶妙な味です。
 
ビーバー
    

 こだわりは?

 
インスタントなものがあふれる現代だから、守りたいものがある。伝えたいものがある。お菓子はお手軽につくってはいけないと思います。お菓子の美味しさと安全性を守るために、こだわらなくちゃいけない要素はたくさんあります。手間暇かけてつくるのがhokkaのお菓子です。
 
hokka ビーバー こだわり
    

 購入した人の感想

 
サクッと旨い
白エビビーバーもうまいが NORMALなビーバーは飽きない味。ビールのお供によし、子供たちのオヤツによし、食べだしたら止まらない旨さです。金沢の友人からお土産でもらってから病みつきになっています。(アマゾン)


昆布が効いていて美味しい
おつまみに良いかなと購入してみたらあまりの美味しさに手が止まらなくなってしまいました。(アマゾン)


美味しいです
金沢で食べて美味しいかったのでさがしてました。食べ出したら病みつきになりました。(アマゾン)


やめられない
とにかく、サクサクした食感でエビと昆布の味が微妙にマッチしている。やめられない止まらない。(アマゾン)


お土産でリピーター
本当に美味しいんです!お土産にいただいてから忘れられなくて買ってしまいました。(楽天)


人気商品
香りも良く、軽い口当たりですぐ食べてしまうおいしさです。(楽天)


ありそうでない味
いくらでも食べられそうなクセになりそうな美味しさでした。(楽天)


止まらない
白えびビーバーは少し甘めで塩気もあって、本当にとまらない美味しさでした。(楽天)


 

 ご購入はこちらから
amazon hokka ビーバー 楽天 hokka ビーバー

 

 販売元

 
【会社名】北陸製菓株式会社
【所在地】石川県金沢市押野2-290-1
【設 立】大正7年
【W e b 】公式サイト


 この商品を見た方がよく見る商品