0.main.henba

へんば餅

看板商品である「へんば餅」は創業以来変わらぬ味を守り続けております

 いつ?

 
へんば餅歴史

今を去る二百余年前、安永四年(1775年)に七代前の先祖が伊勢参宮街道宮川のほとりに茶店を設け餅を商い初めたのがへんばや商店の始まりです。1943年に太平洋戦争により、砂糖・小豆などが配給制になり、材料不足の為休業しましたが、1954年に材料・仕入れが自由化になり営業を再開しました。1975年に有限会社化、宮川店新店舗・工場が2010年度のグッドデザイン賞を受賞、011年に伊勢おはらい町店を開店しました。
今後も「おいしさ」「確かさ」を守りながら、人や時代に合わせた新しい提案を創造できる企業でありたいと思います。

へんば餅歴史2

へんば餅の名前の由来
今を去る二百余年前、安永四年(1775年)に七代前の先祖が参宮街道宮川のほとりに茶店を設け餅を商い初めました。
当時駕籠や三宝荒神(馬上に三つの鞍を置いたもの)で参宮する人達がこの店に憩われて、ここから馬を返し参宮されたため何時しかへんば(返馬)餅と名づけられ今日に及びました。
 

 どこで?

 
現在、へんばや商店は伊勢市内に3店舗ございます。伊勢神宮は三重県伊勢市にある「日本人の心のふるさと」。今も昔も、全国各地から「お伊勢参り」に訪れる人でにぎわいます。お近くに来られた際は是非お 立ち寄りくださいませ。従業員一同、おもてなしの心を忘れずにお待ち致しております。
 
へんば餅 三重県伊勢市

 誰が?

 
創業以来変わらぬ味
へんば餅の特徴は丸く平らにした形と、両面の焦げ目の焼き色。創業以来変わらぬ味を守り続けるため一つ一つの工程を丁寧に行っています。

早朝より製造
素材の特性、日々変化していく温度や湿度に合わせ、材料の混ぜ方など様々な調整を行って作っています。その日に作ったものはその日のうちに召し上がっていただきたいとの想いから早朝より製造しています。

安心安全
食の「安全・衛生」は、食品に携わる企業として最も大切なことです。小さなお子様からお年寄りまで、多くの皆様が口にするお菓子ならそのお気持ちはなおのこと。
おみやげ、ご進物としてご利用いただく機会も多いので、品質管理・衛生管理は万全の体制で望み、お客様に安心してお召し上がりいただけるよう、社員が一貫して取り組んでおります。
 
へんば餅生産者
    

 何を?

 
米粉を用いた餅は独特の食感があり、両面に焼き色がついたお餅は香ばしく、口溶けのよいこし餡のまろやかな甘みが広がります。生菓子ですので、お早めにお召し上がり下さい。硬くなりましたら、フライパンなどで軽く焼いていただくと柔らかさと香ばしさが戻ります。
  
へんば餅

 こだわりは?

 
良質な素材を厳選
シンプルな商品こそ、素材の良し悪しが味に出ます。へんばや商店が取り扱う材料は、全てのものが厳選された日本産です。
四季のある日本で古来から年月をかけて育成されてきた産物は、日本の気候風土で育つことによってしっかりと養分を貯え、最良の素材となりわたしたちの体に入るのです。厳選された素材本来の味を存分にお楽しみいただくために、これからも最良で上質の食品作りにこだわっていきます。
 
へんば餅こだわり
 

 購入した人の感想

 
へんば餅LOVE
伊勢の餅と言ったら赤福が超有名ですが、私は断然『へんば餅』派です。お店で食べると焼きたてでほんのり温かなお餅がいただけます。無料のお茶との相性も抜群なので、是非お店に足を運んで食べていただきたいです。(伊勢市観光協会)


貴重なお土産「へんば餅」”
伊勢名物として赤福が有名ですが、へんばや商店の「へんば餅」も赤福に引けを取らない美味しさ。もちもちした食感のお餅と適度な甘さ・量の餡のバランスが絶妙です。賞味期限が2日しかないので、赤福よりも貴重なお土産です。
お店はおかげ横丁と猿田彦神社の間にありお茶屋風の佇まい。店頭には給茶機も設置されているので、買ったその場でへんば餅を食してみるとよいでしょう。(トリップアドバイザー)

 ご購入はこちらから
 製造現場

 
へんばや商店「宮川店」(三重県伊勢市西豊浜町)には駐車場に面して1ヶ所、へんば餅の製造工程が窓の隙間からちょこっとだけご覧いただけます。 時間によっては作業をしていない場合もございますが、宮川店にお越しの際には是非お立ち寄り下さい。
 
へんば餅製造
 

 販売元

 
【会社名】有限会社へんばや商店
【所在地】〒519-0501 三重県伊勢市小俣町明野1430-1
【創 業】安永4年(1775年)
【W e b 】公式サイト

 おすすめ商品

 この商品を見た方がよく見る商品