0.main.daigakuimo

甘藷生駒

カリカリジュワッと蜜が溢れ出る食感

 いつ?

 
昭和5年創業以来変わらずさつま芋と向き合ってきました。時代の変遷と共に、さつまいも問屋として石焼き芋屋さんへの卸し業、そして現在の大学芋専門店として形を変えながらも、親子3代目の老舗店を築き上げてきました。
 
甘藷生駒 歴史
 

 どこで?

 
東京都大田区北馬込に大学芋専門店の甘藷生駒があります。地元の方々の大学芋やスイートポテトを手際よくほしい分量を注文していく様子をみると、すっかり地元の方々の生活動線にとけこんでいる人気の大学芋屋さんです。
 
甘藷生駒 東京都大田区

 誰が?

 
親子3人で連携しながら、細かい役割分担は決めず、自然と助け合うリズムがありながら大学芋をつくってゆく3人の姿があります。さつま芋の繊維が感じられる、素材が生きているような大学芋を常に再現するため、季節によって揚げ方を変えています。 また、さつま芋を揚げる鍋は特注の深型。気温や湿度等の環境から調理具まで、大学芋を造る上で重要な要素です。お店の中からは厨房をガラス越しに覗くことができ、お客様の中には味はもちろん、この厨房の親子のあたたかい雰囲気を楽しみにしている人も多くいられます。
 
甘藷生駒 生産者
  

 何を?

 
甘藷生駒の大学芋はスティック状も交じる乱切り。このカットは蜜が濃縮される角の美味しさを味わうための秘策です。大学芋やさつまいもの薄切りはカリカリジュワッと蜜が溢れ出る食感、頬張るとホクホクのお芋が味わえる逸品です。
現在は大学芋とさつまいもの薄切り、芋ようかん、スイートポテト、ふかし芋を店舗販売しています。
 
甘藷生駒
 

 地域への貢献

 
街の人により馴染んでもらいやすいように
お店の軒先で花苗を販売、街の人により馴染んでもらいやすいようにという思いを込めはじめました。「さつま芋」ではなく「甘藷」という旧来からの呼称を続けてきました。そんな家族経営で歴史を刻んできた甘藷生駒には地域に溶け込み貢献する姿勢と共に、素材そのものへこだわり妥協しない商品を造りつづけています。
  
芋松葉 地域貢献
 

 購入した人の感想

 
みつがうまい
評判のチップス(さつまいも薄切り)を購入しました。来店した際には売り切れでしたので、15分ほど店先で待って揚げ立てを買いました。たださつまいもを切って揚げているだけなんですけど、チップスもちゃんと包丁で切っていて、職人技にみとれてしまいました。(食べログ)


サツマイモの美味しさ
大学イモはサツマイモにやや甘めで少し塩味の入った糖蜜が絡んでおり、黒ゴマが塗されています。この糖蜜の加減がとてもよく、クセになってしまい、いつの間にか全てたいらげてしまいました。サツマイモチップスは薄くスライスしたサツマイモをカリッと揚げて、糖蜜が絡んで黒ゴマが塗されています。大学イモと似たような味ですが、個人的にはサツマイモチップスのほうが歯ごたえが好きでした。
芋羊羹は価格も安く、サツマイモ自体の美味しさを十分に楽しむことができ、とてもお奨めです。(食べログ)


魅惑の蜜♪
表面のカリカリ感と中のホクホク感、この奇跡のコラボレーション♪♪家に客人を招くときには生駒に走ります。お茶請けに最高なのです。時間が経つと表面がシナシナになるので、食する直前に購入するのが良いのです。(食べログ)


食感と程よい甘さ
いかにサツマイモの良さを出すのか考えられていて楽しむ事ができる。収穫時期の関係もあって8月下旬などは営業していない事もあるそうだ。その辺もサツマイモに対する拘りなのだろう。元甘藷問屋のよさを活かした歴史ある甘藷専門店。個人的には今まで持ってた大学芋のイメージを覆すほどよいものだった。手土産なんかにも喜ばれそう。(食べログ)


やっぱりここの大学いもはおいしい!
厚切りはホクホクの程よい甘さで、揚げ具合が最高な大学いも。薄切りは、ポテトチップ2,3枚くらいの厚さや、7,8枚重ねたくらいの厚さ、いろいろ入ってます。パリパリだったり、しっとりだったり、両方楽しめます。(食べログ)
 

 販売元・ご購入

 
【会社名】甘藷生駒
【所在地】〒143-0021 東京都大田区北馬込2-27-11
【電 話】03-3774-2955
【創 業】昭和5年
【販 売】現在は店舗でのみの販売となります。お近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り下さい。

 おすすめ商品

 この商品を見た方がよく見る商品