0.main.akahuku

赤福

お餅の上にこし餡をのせた餅菓子です

 いつ?

 
赤福歴史
 
1707年、富士山が噴火した年に赤福を創業しました。1954年に株式会社赤福を設立、1956年には「赤福氷」を発売しました。1993年におかげ横丁をオープン。2007年に創業300周年を迎えました。
 

 どこで?

 
三重県伊勢市に本店があり、伊勢市と鳥羽市に直営店があります。また、百貨店や駅売店、高速道路のサービスエリアなどで販売しております。

赤福三重県伊勢市

 誰が?

 
お客様に安心してお召し上がりいただける「赤福餅づくり」に一貫して取り組んでおります。
 

【餡をつくる】
良い土壌で心を込めて作られた北海道小豆を、私たちは、お客様においしいと感じていただけるよう、また安全・安心をお届けできるように最高の状態を目指して、日々努力し取り組んでいます。
 
【餅をつくる】
「いつまでも安心してお召し上がりいただけるように」手洗いをはじめとした、機械器具の洗浄・殺菌・拭き取り検査の徹底した衛生管理はもちろん、工程改善や自主保全による安定供給を、製餅課一丸となって取り組んでいます
 
【包装する】
私たちは、お客様に「安全・安心・おいしい」赤福をお召し上がりいただく為に法令を順守して、機械の洗浄・殺菌においては、2時間以上をかけて衛生管理に取り組んでいます。食品衛生8S活動を通じて、美味しい赤福餅が出来る様に日々努力をしています。
 
【出荷する】
赤福餅の配送時は常に、『安全運転』を心がけています。お客様にお喜びいただける赤福餅を運んでいる事を頭に置き、慎重、正確、迅速に運転し、赤福餅を適切な温度で、衝撃を与える事無く、運びとどける事が私の仕事です。 そして、おいしい赤福餅でお喜びいただけるように、赤福餅をさらに理解していきたいと思っています。
 
【販売する】
私たちは、生菓子である赤福餅をお客様にお渡しするまで、温度管理に気を付け片寄りなどを防ぐため細心の注意をはらっています。また、お客様に安心してお いしく召し上がっていただくため、販売時には「常温で何日までにお召し上がりください」「傾けないようにお持ちください」などの説明を欠かさないように心 掛けています。
 
赤福生産者
 

 何を?

 
赤福餅の誕生は、いまからおよそ300年前の宝永四年(1707年)。赤福餅は、お餅の上にこし餡(あん)をのせた餅菓子です。形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は 川底の小石を表しています。名は「赤心慶福(せきしんけいふく)」の言葉から二文字いただき、「赤福」と名付けたと言い伝えられております。
 
赤福 

 こだわりは?

 
砂糖
赤福餅に使用する砂糖は、結晶の大きさ、糖度の高さなど細部にわたり、弊社独自の基準の砂糖を製糖会社に委託しております。
 
小豆
赤福餅の餡(あん)は、すべて北海道産の小豆を使用しています。 北海道の広大な土地と気候は、小豆の栽培に適しており、高品質の小豆が生産されています。 弊社では、十勝地方と上川地方で栽培された小豆を主に使用しております。
 
もち米
赤福餅のお餅はすべて国産のもち米を使用しています。 現在は、北海道名寄産を中心に、一部熊本県八代産も使用しています。 弊社が使用するもち米は、時間が経っても硬くなりにくいことが条件です。また、うるち米(ご飯として食べるお米)の混入がないことも大切で、そのためにも ち米だけしか作らない「もち米専作団地」で栽培されたものに限って使用しています。
 
赤福こだわり
  

 ご購入はこちらから

 

 販売元

 
【会社名】株式会社 赤福
【所在地】〒516-0025 三重県伊勢市宇治中之切町26番地
【創 業】1707年(宝永4年)
【W e b 】公式サイト

 おすすめ商品

 この商品を見た方がよく見る商品