0.main

焼まんじゅう

「秘密のケンミンショー」でも紹介された群馬名産の焼きまんじゅう!

 いつ?

 
群馬県の名産焼まんじゅうは、群馬県民のソウルフードの1つ。製造販売する会社もいくつかあります。起源は幕末(19世紀中期)と見られ、前橋発祥説が有力とされているが、他にも伊勢崎市、沼田市等の店舗が元祖を名乗っているため、それぞれ独立した起源であるとみられています。焼きまんじゅうは家庭でお酒を造っていた頃の副産物としてつくられたといわれています。もともとは商売用として作られたものではなかったようですが、今では群馬県民に愛される名産品として浸透しています。

焼まんじゅう

 どこで?

 
群馬県の前橋市や伊勢崎市などにお店が多く、出来たてを店内で食べたり、地元の人は自宅に持ち帰り家族で食べたりしています。群馬県内にあるお土産屋さんでも焼まんじゅうを購入することができます。歴史の長い沼田市の東見屋饅頭店(1825年創業)、前橋市の原嶋屋総本家(1857年創業)や田中屋(1927年創業)、ネット通販で人気のすはまや(1949年創業)、羽前屋などがあります。

焼まんじゅう群馬県

 何を?

 
焼まんじゅうは、蒸して作ったまんじゅうを竹串に刺し、黒砂糖や水飴で甘くした濃厚な味噌ダレを裏表に塗って火に掛け、焦げ目を付けたものです。中はもちもち、甘味噌がこげた風味と、表面尾カリカリした食感はたまりません。

焼まんじゅう

 食べ方

 
1.おまんじゅうを蒸す
【1】表面加工されたフライパンやホットプレートに水100ccほどいれます
【2】くしゃくしゃにしたアルミホイルを広げて、水が入らないようにまわりを高くして敷きます
【3】おまんじゅうを置いて火にかけ、蒸気がでてから3~4分おまんじゅうの中心まで柔らかくなるように蒸かします
【4】おまんじゅうとホイルを取り出し、残った水をすてます
2.おまんじゅうを焼く
【5】おまんじゅうの丸いほうを上にして、平たい方から焦げ目がつくように両目に焼き目をつけます
【6】タレをフライパンに入れ、おまんじゅうにからめるように塗って焼きます
【7】おまんじゅうをお皿に移してから、表面にタレを塗って、出来上がりです。

焼まんじゅうの作り方


 購入した人の感想

 
これはテレビで見たもので、絶品でした
これはテレビで見たもので、絶品でした地デジでの風評通りでした。一度、食したらやみつきになること請合いです。 (アマゾン)


味噌がおいしい
幼年期に神社のお祭りの屋台で食べた懐かしの味です。味噌が多めに入っています、タッパに保存してほかの食材にも利用できます。(アマゾン)


お腹いっぱいになります
味噌味がすごく美味しかったです。今まで食べたことがないふわーーーっとした物で私はレンジでチンしてそれから焼きましたが焦げ目をつけて熱々で食べると本当においしかったです。結構少ない数でもおなかいっぱいになりました(楽天)


素朴でおいしい
すぐに届きました。味は素朴でとってもおいしくてペロッと食べちゃいました。次は20個入りを買おうと思います。(楽天)

 ご購入はこちらから
 おすすめ商品

 この商品を見た方がよく見る商品