0.main.jiichiro

治一郎のバウムクーヘン

飲み物いらずで食べられる程のしっとり感

 いつ?

  
ものづくりへのこだわりが生んだ美味しさ
1933年に創業、当社でも今から40年以上前にバウムクーヘンを作り始めましたが、もっとしっとりとして、飲み物がなくても美味しく食べられるバウムクーヘンはできないものかと試行錯誤を重ねてきました。そうして2002年にようやくできあがったのが「治一郎」です。2014年に株式会社治一郎を設立、当社の菓子職人たちが地道にこつこつと努力を重ねて生み出した新たな美味しさ、それはまさに「職人技の傑作」といえるものでした。そして、彼らのひたむきな「ものづくり精神」に敬意を表し、当時の職人の1人の名をとって、このお菓子を「治一郎」と名付けました。
 
治一郎のバウムクーヘン 歴史
 
「治一郎が愛される理由」
それは、心豊かな暮らしを彩るお菓子としての存在感。東日本大震災以降、人々の価値観は大きく様変わりしました。物質的な豊かさよりも、心の豊かさを求める人々が増えてきたように感じます。暮らしの中の小さな贅沢、「お気に入り」に囲まれた心地いい暮らし、私ならではのこだわり……「治一郎」は、そんなキーワードの延長線上に存在するお菓子でありたいと思っています。一時的な流行に乗っかって大量販売をめざすのではなく、常に美味しさのクオリティの向上をめざす姿勢。それが、多くのお客様から信頼と共感をいただいている理由だと自負しています。
    

 どこで?

 
静岡県浜松市に本店があります。直営店は静岡県内に数店舗、神奈川や東京、愛知、大阪、京都、福岡のショッピングモールや百貨店にも出店しております。又、全国各地の皆さまに気軽にお召し上がりいただけることを願って、各地の催事にも参加しております。
 
治一郎のバウムクーヘン 静岡県浜松市
 
美味しさは五感を通じ、心で感じるもの
「治一郎」が何よりも大切にしているのは、「美味しさへのこだわり」です。美味しさというものは「味覚」だけで決まるものではありません。見た目や香り、感触など、五感のすべてを通じて「心」で感じとるものだと私たちは考えます。ですから、安心・安全を大前提に、バウムクーヘン自体の味わいや見た目、香り、食感はもちろんのこと、パッケージのデザインやロゴ、お店のディスプレイに至るまで、美味しさを感じていただくための創意工夫に努めています。店先でお客様をお迎えする時の挨拶や笑顔、ちょっとしたお声かけ、商品を手渡す際のしぐさひとつとっても、美味しさは変わるものです。心で感じる美味しさ、それこそが「治一郎」のめざす本当の美味しさです。
  

 誰が?

 
しっとり・ずっしりなに二十四層
これぞまさに職人の成せる技なり。職人“治一郎”が生み出した傑作。それはその道を歩みつつけた者が目指した最高峰への終わりなき挑戦。バウムクーヘンに真摯に向き合い、片時も離れることなく、うすくレアな層を重ねて作り上げた二十四層もの年輪。その職人技とも呼べる伝統的な状態に裏打ちされた逸品は、飲みものいらずで食せる程の“しっとり感”と重厚で心ゆくまで堪能できる“ずっしり感”が味わえるモノなのです。「幸せ重ねる」思いを込めて、挑戦・進化し続ける“治一郎のバウムクーヘン”、職人技の傑作をお愉しみください。
 
治一郎のバウムクーヘン 生産者
 
幸せを重ねる
日々のありふれた幸せが積み重なって大きなものになる。人と人とのつながりの仲で心に感じる小さな幸せが積み重なってふくらんでゆく。治一郎はそんなひとりひとりの幸せを大切に思いながら、こだわりのお菓子をつうってゆく。ありがとうの気持ちを込めて挑戦し続けてゆく。幸せのきっかけになるように。つながる円と縁。ふくらむ輪と和。“幸せを重ねる”
   
治一郎のバウムクーヘン 生産者
  

 何を?

 
職人“治一郎”が生み出した傑作。口に運ぶときからすでに感じ始めるしっとり感。口に入れた瞬間はさらにさっくりとした食感も加わっての楽しい味わい。卵黄とバターを贅沢に使った、濃厚でありながらも上品な甘さが口のなかでふわっと広がっていく風味は、作り手のこだわりを感じさせます。バウムクーヘンの理想のイメージに一歩一歩近づけていくために、長い年月を費やした研究や試行錯誤の日々。素材にも焼き加減にも一切の妥協を許さない職人の一途な仕事がそこにあります。
 
治一郎のバウムクーヘン
 

 こだわりは?

 
飲み物が要らないしっとり感
職人が片時も離れることなく、生地の状態や火加減を調整しながらうすくレアな層を重ねて作り上げていきます。季節によっても異なりますが、1回の焼成時間は1時間。24層ものレアな層を重ねることにより、このしっとりした食感が出来上がります。直径が大きくなってくるとその重みで棒芯から生地が落ちてしまうこともあります。
 
ケーキのようなふんわり感
卵を多く使用し別立て方で混ぜ合わせているため、きめ細かい生地に仕上がり、まるでケーキのようなふんわりした食感を生み出しています。別立て法とは卵黄と卵白を分け別々に混ぜる方法です。一般的には手間がかかり、大量生産には向かないとされています。
 
大満足のボリューム感
高さ8cmのボリューム感は分け合うことで“団らんのひととき”を大切な人と過ごして欲しいという思いから。ずっしりした重さが贈り手の大切な気持ちを伝えます。
 
こだわり 治一郎のバウムクーヘン
 

 購入した人の感想

 
とても美味しい
梱包もしっかりしていました。味もすごく美味しかった。(アマゾン)


めちゃくちゃうまい
今までに食べた中かで一番うまい!口のなかですぐには とけるうまさ!!(アマゾン)


圧倒的なしっとり感
このしっとり感はシフォンケーキのような触感で超美味しかったですよ。(アマゾン)


しっとりしていて美味しい
バームクーヘンの常識をくつがえす商品です。しっとりしていて美味しいです。リピしまくりです。(アマゾン)


父の日のプレゼント
父がバームクーヘン好きなので、父の日にプレゼントしました。とても喜んでもらえて満足です。(アマゾン)


テレビを見て
マツコの知らない世界で見て、衝動買い。とても美味しかったです!!(楽天)


友達へのプレゼント
バームクーヘンの中で、1番のお気に入りをプレゼントできてよかったです。(楽天)


 

 ご購入はこちらから

 

 販売元

 
【会社名】株式会社治一郎
【所在地】静岡県浜松市東区丸塚町169
【設 立】2014年
【W e b 】公式サイト

いいね! いいね ! 0

 この商品を見た方がよく見る商品