0.main.kyujyukyusenpei

九十九島せんぺい

パリッとした独特の食感とピーナツの香ばしさ

 いつ?

  
戦後間もない昭和23年、長崎佐世保市で生まれた小さなお菓子屋さん。原料が少なく、甘いものの少ない時代に、配給されていた粗糖をお客様がお持ちになり飴玉やせんべいなどのお菓子に加工してお渡ししていたのが始まりでした。変わらない味を守り、地域に根ざした美味しくて懐かしくてそれでいて新しいお菓子を創作し、お届けしてまいります。

九十九島せんぺい 歴史
 

 どこで?

 
本社、九十九島せんぺい本舗 松浦店のある長崎県佐世保市は北部に位置し、西海国立公園「九十九島」に代表される、豊かな自然に恵まれた場所です。
 
九十九島せんぺい 長崎県佐世保市
  

 誰が?

 
世の中にない、郷土の新しい名物をつくりたいと試行錯誤の末に九十九島せんぺいが誕生し、長崎の代表的銘菓として地域の皆様に育てていただきました。以来70余年にわたって製法をかたくなに守り現在までご愛顧いただいております。これからも地域をはじめとしたすべてのユーザーの皆様に笑顔を届け、更にグローバルな展開を進め、今まで育てていただいた感謝の想いを胸に刻み伝統と革新を忘れることなく、美味しさと感動を提供し続けるため邁進してまいります。
 
九十九島せんぺい 生産者
 

 何を?

 
パリッとした独特の食感と、ピーナツの香ばしさで、いつも変わらぬ美味しさ。縁起のいい海亀の甲羅にヒントを得た六家形。ピーナッツは海に浮かぶ九十九島の大小の島影を表現しています。カリカリッとしたピーナッツがアクセントになって、どこか懐かしい、後を引くおいしさです。
 
九十九島せんぺい

 こだわりは?

 
材料はたった3つのシンプルなせんぺい
九十九島せんぺいは3種類の小麦粉、ザラメ砂糖、ピーナッツのたった3つの材料だけです。砂糖と小麦粉の絶妙なバランスで、じっくり時間をかけて焼き上げた特殊な製法により 、パリッと空気を含んだようなパリッとした独特の食感と香ばしさが生まれました。
 
“せんべい“ではなく”せんぺい”
九十九島せんぺいは、他に類をみないパリッとした歯切れの良い食感と香ばしい風味をもった一品だからこそ、せんべいではなく、あえて方言である“せんぺい”を使って、ひらがなで名づけ、佐世保の名物として全国へ広めたいという強い想いが込められています。
 
お祝いや記念日に!オリジナルの「九十九島せんぺい」
内祝いや法要、企業の周年、結婚式のプチギフトなど、大切な節目には好きな文字を入れることができるオリジナルの九十九島せんぺいを是非、ご利用ください。
 
九十九島せんぺいき こだわり
    

 購入した人の感想

 
バランスが良く本当に美味しい
ピーナッツがポイントになって本当に美味しい。(アマゾン)


主人の大好物
九州出身の主人が大好きので購入しました。久しぶりの九十九島センペイに嬉しいそうです。(アマゾン)


六角形のお煎餅
祖母が、長崎県佐世保の出身でしたので、懐かしい味がしました。(アマゾン)


美味しいと喜んでもらいました
実家の両親に送ってもらい美味しかったので、義父にお土産でわたしましたら、とても喜んでもらいました。(楽天)


素朴で美味しい
ピーナッツが散りばめられて、そこがポイント。素朴で懐かしいお菓子ですね。緑茶に合います。(楽天)


リピーター
本当にぱりぱりとしておいしい。ピーナッツが効いています。昔からのフアンです。(楽天)


懐かしのせんぺい
幼少の頃父がよく買って来てくれて懐かしく思い購入しました。何年経っても味が変わらず美味しく頂きました。(楽天)


 

 ご購入はこちらから
アマゾン 九十九島せんぺい アマゾン 九十九島せんぺい
楽天 九十九島せんぺい 楽天 九十九島せんぺい
楽天 九十九島せんぺい 楽天 九十九島せんぺい

 

 販売元

 
【会社名】株式会社 九十九島グループ
【所在地】長崎県佐世保市日宇町2566番地
【創 業】昭和23年
【W e b 】公式サイト


 この商品を見た方がよく見る商品